CORPORATE TRANSACTIONS

CORPORATE GOVERNANCE AND INVESTOR RELATIONS

「ステークホルダーの皆様」というフレーズは、経営と収益性の弱さの言い訳に聞こえる
drawing_20110905_4

日本企業のIR(インベスター・リレーションズ)サイト・資料に「ステークホルダー」という用語はよく現れる。例えば、社長のトップメッセージに「ステー クホルダーの皆さまへ」という挨拶はよくある。また、顧客、社員、株主、取引先、地域社会等が会社にとって全員同等な「ステークホルダー」であり、会社が それぞれの利害関係を平等に尊重しているという考えは色々な形で表現されている。


グローバル向けと日本国内向けのIRの具体例を比べて見よう
drawing_20110905_3

日本語版IRサイトをそのまま英語に訳すリスクについてコメントする。


モノ言う株主の再来、日本はどう返事するか?
drawing_20110905_2

しばらくなりをひそめていたアクティビスト型外資ファンド(いわゆるモノ言う株主)が久しぶりに日本に戻ってきた。

報道によれば、「英投資ファンドのザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド(TCI)が、日本たばこ産業(JT)の経営陣を批判し、木村宏社長の辞任を求める書簡を、JT株の50・01%を持つ財務省に送っていた」(6月10日の朝日新聞の記事「英ファンド、JT社長の辞任要求」)という。


1 2