長年にわたり、日本企業のクロスボーダーM&A、その他のトランスアクションの様々な案件にリーガル・アドバイザーとして関与してきました。さらに複雑になってきたグローバル資本関係の新時代に、知識・人材・経験が不十分な日本企業が少なくありません。インディペンデントな視点から成功例・失敗例、問題点について率直な分析とコメントを提供したいと考えています。

Corporate Transactions


Can Overseas M&A Overcome a Shrinking Domestic Market?

Recent overseas acquisitions by Japanese companies test the proposition that it is realistic to overcome stagnant growth and demographics at home by cherry-picking opportunities in emerging markets. The stated goal of many Japanese companies is to raise, by means of M&A, non-domestic revenues from 20% to 30%. The unstated premise is that the domestic market, which represents a declining 8% of global GDP, will indefinitely remain the mothership. Meanwhile, truly global companies in non-manufacturing sectors—consumer products, financial services, advertising, telecommunications and information technology-- have obliterated the distinction between "domestic" and "foreign" markets by spreading revenues over the globe in rough proportion to regional GDP. This presentation analyzes the strategic rationale of at a series of recent overseas acquisitions by Japanese companies.

日本企業の海外マーケット獲得M&A戦略は成功しているのか?

マーケット獲得を目的とする海外M&A事例を分析する。

マイノリティ・インタレスト取得
M&Aは何故流行っているのか

最近の日本企業の海外M&Aに目立つ現象は株式の過半数を取得したり、主導権を取ることをせず、マイノリティ・インタレスト取得または対等な50-50の経営権掌握でとどまるケースだ。自社商品の海外マーケットを確保することがM&A取引の最終目的であるならば、主導権を取得しない選択は長期的にさまざまな問題をひき起こす。

Post-Closing Purchase Price Adjustmentsの哲学と実務

クロージング後の価格調整の諸問題を解説する。

記事一覧

Corporate Governance And Investor Relations


Why “Activism” Has Failed (So Far) in Japan

Attempts by “activist” foreign shareholders to persuade management of Japanese companies to adopt policies that would be non-controversial outside Japan (e.g. appointing outside directors, setting ROE targets and capital investment hurdle rates) have met with repeated failure over the past decade.  This interview explores the reasons for past disappointment and possible future change.


Asahi Judiciary

「ステークホルダーの皆様」という
フレーズは、経営と収益性の弱さの
言い訳に聞こえる

日本企業のIR(インベスター・リレーションズ)サイト・資料に「ステークホルダー」という用語はよく現れる。例えば、社長のトップメッセージに「ステー クホルダーの皆さまへ」という挨拶はよくある。また、顧客、社員、株主、取引先、地域社会等が会社にとって全員同等な「ステークホルダー」であり、会社が それぞれの利害関係を平等に尊重しているという考えは色々な形で表現されている。

グローバル向けと日本国内向けの
IRの具体例を比べて見よう

日本語版IRサイトをそのまま英語に訳すリスクについてコメントする。


Asahi Judiciary

モノ言う株主の再来、
日本はどう返事するか?

しばらくなりをひそめていたアクティビスト型外資ファンド(いわゆるモノ言う株主)が久しぶりに日本に戻ってきた。

報道によれば、「英投資ファンドのザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド(TCI)が、日本たばこ産業(JT)の経営陣を批判し、木村宏社長の辞任を求める書簡を、JT株の50・01%を持つ財務省に送っていた」(6月10日の朝日新聞の記事「英ファンド、JT社長の辞任要求」)という。

記事一覧